電話占いの疑問解決まとめ

電話占いでどんな先生が良い先生なの?

電話占いは多くのサービスがあるように占い師の方も本当の多くの方が存在しています。ではどういった先生が良いと判断できるのでしょうか?

まず良い先生の定義といったものは人の物差しによって変化してくるものです。当たる先生が良い先生、的確なアドバイスをくれる先生が良い先生といったように個人によって見解が違います。

確かに占いをしてもらった内容の当たり、外れは良い先生なのかどうかを判断する一つの指標になりますが、実は占いの当たる確率は多くの方が想像している以上に低いです。私の読んだ占い師の方の書籍では本当に当たる先生で約6割〜7割程度が当たる確率と書かれていました。

ですから経験も少なく、プロになった占い師の方では当たる確率というのはもっと下がるはずです。そしていくら実力ある先生でも言ったことが全てが当たるわけではありません。

これを踏まえて私が本当に良い先生だと判断する材料としては電話前、電話後の自分の気持ちが晴れやかになったかどうかを基準に良い先生、悪い先生の判断をしています。

例えば占いは気持ちのモヤモヤを取りたい、どうにかしたい…なんて時に占いを頼りたくなりますよね。

占いが終わったに気持ちのモヤが取れていれば私は良い先生と判断しています。逆にモヤが取れていない…少しモヤが残っている状態だとフィーリングが合わなかった先生と判断して次の相談は違う先生にします。

逆に悪い占い師の先生とは?

占い師にも悪い先生というのはいます。よく言われるのが悪徳占い師ですよね。これは最終的に相談者に何かの物を買わせてお金を巻き上げたりするのが最終目標となっているようです。

このような悪徳占い師の手口は最初は良い先生を演じるので中々、見分けがつかないのが厄介となります。

ですが、徐々に相談者が自分のことを信じきっていると判断すると良くない占い結果を言って開運グッズなどを高額で売るようになってきます。このような最初は良くても後から金品を売ってくるような先生は悪徳の可能性が高いので頭の片隅に入れておいて注意をしておきましょう。

トップへ戻る

コンテンツ